機密文書の処分・引取

機密文書の処理方法

圧縮イメージ

単なる圧縮・梱包 (無料)

特に前処理を行うことなく、圧縮・梱包する方法です。他のたくさんの古紙と一緒に混ぜて押しつぶします。

最終的には溶解されますので、これで機密性が保持されていると考える排出者向けの方法です。

禁忌品や紙以外の製品が入っていないか確認のため、開封します。

溶解処理 (有料)

製紙会社へ持ち込みます
お持込み

お客様ご自身で当社にお持込みしていただきます。

お持込み頂いた後は当社で保管し、保管庫がいっぱいになり次第製紙会社へ持ち込みます。

引き取り

当社の車両にて回収に伺います。その後会社に持ち帰り保管します。

当社保管在庫ががいっぱいになり次第、製紙会社へ持ち込みます。

溶解処理とは

溶解処理とは、パルパーと呼ばれる大きな釜の中に紙を投入し、パルパーの中でドロドロに溶かされます。
溶かされた紙はリサイクルされ、新しい製品に生まれ変わります。

直送溶解処理 (要予約)

当社の車両で回収に伺い、そのまま製紙工場まで直接輸送します。

搬入後、文書箱を開けることなく未開封のまま溶解処理します。

禁忌品について

ファイルイメージ

機密文書溶解処理サービスは、小さなクリップやホッチキスの針などはそのままダンボールに入れて頂くことができますが、一部リサイクル原料に適さない素材のものなどがあります。

プラスチック製のファイル等はできるだけ、入り込まないようにお気をつけください。

禁忌品

複写伝票イメージ
  • 裏カーボン紙(宅配便の複写伝票など)
  • 複合素材の紙(プラスチックフィルムやアルミ箔などを貼り合せたもの)
  • 写真、写真プリント用紙
  • 金銀などの金属が箔押しされた紙

など

溶解処理は未開封の状態で行うため、禁忌品につきましては極力入らないようにしっかりと分別してください。

また、プラスチック製のファイル等の紙以外の製品は入れないようお願いします。

機密文書の処分・引取の流れ

お問い合わせは今すぐ!